Elon Musk tweet sparks debate in Japan on falling birthrate. the 11th straight year of decline

1
Tesla boss responds to data showing population fell by record 644,000 last year – the 11th straight year of decline.


Elon Musk has warned that Japan will “cease to exist” unless it addresses its falling birthrate, sparking calls for the country to allow more immigration and improve its work-life balance.

“At the risk of stating the obvious, unless something changes to cause the birthrate to exceed the death rate, Japan will eventually cease to exist. This would be a great loss for the world,” the Tesla chief executive, who recently agreed a deal to buy Twitter for $44bn (£36bn), said in a post at the weekend.

Musk, who has previously voiced concern about global population collapse, was responding to government data showing that Japan’s population fell by a record 644,000 last year – the 11th consecutive year of decline.


Some social media users said Japan was not the only developed economy experiencing long-term population decline, but others used Musk’s tweet to criticise successive governments’ half-hearted attempts to raise the birthrate in the world’s third-biggest economy.

Japan’s population peaked in 2008 and had fallen to about 125 million by last year, despite government warnings about the effect on economic growth and occasional campaigns to encourage couples to have bigger families.

Some Japan experts took Musk to task over his tweet.

“What is even the point of tweeting this?” wrote Tobias Harris, a senior fellow at the Center for American Progress. “The anxieties surrounding Japan’s demographic future is not that ‘Japan will eventually cease to exist’ but rather the profound social dislocations that are occurring as a result of the decline to a lower population level.”

Others called on the Japanese government to further relax the country’s strict rules on immigration, although plans to admit up to half a million blue-collar workers by 2025 to address serious labour shortages have been frustrated by the coronavirus pandemic.

There were also calls to address the low birthrate, including making it easier for women to return to work after having children.
Advertisement

“They keep saying the birthrate’s falling, but given that the government isn’t taking thorough steps to deal with it, what can we say?” one Twitter user said. “Everything they say and do is contradictory.

“In this environment, who’s going to say ‘OK, let’s have a child’? I despair for Japan.”

Experts blame Japan’s low birthrate on several factors, including the high financial cost of bringing up children, the lack of childcare provision and notoriously long working hours.

The country’s population is also one of the world’s oldest, with a record high of almost 29% aged 65 and above, according to government data.

https://www.theguardian.com/world/2022/ ... -birthrate

Elon Musk's grim Japan tweet puts spotlight on population bomb

Elon Musk has caused a stir by tweeting that Japan could "cease to exist" due to its demographic woes. © Reuters
KENTARO IWAMOTO

TOKYO -- Tesla CEO and prolific tweeter Elon Musk has long highlighted the threat of declining birth rates, but over the weekend he singled out Japan with a warning that the country could one day "cease to exist."

Musk's motivation for making the remark remains unclear. But the tweet to his 90 million followers has shaken Japan's Twitterati and cast a fresh spotlight on the demographic woes that weigh on the nation's economic outlook.

"At risk of stating the obvious, unless something changes to cause the birth rate to exceed the death rate, Japan will eventually cease to exist," Musk wrote in response to another tweet citing a news article on Japan's declining population. That article reported the country's latest population estimates, after the largest drop on record last year.

"This would be a great loss for the world," Musk added.

As of 4 p.m. on Monday, Tokyo time, Musk's tweet had received about 100,000 likes. In addition, Japanese news outlets scurried to report on the grim warning from one of the world's most influential entrepreneurs.

The statistics in question were released in April by the Ministry of Internal Affairs and Communications. They showed that Japan's total population as of October 2021 was estimated to be about 125.5 million, down by 644,000, or 0.5%, from a year earlier -- the steepest decline since 1950, the first year for which the government has comparable data.

While the decrease was partly attributable to a reduction in foreign nationals amid the COVID-19 pandemic, natural population decline was the main culprit. Japan saw about 1.44 million deaths versus 831,000 births over the year through September.

The data also showed that residents aged 65 or older accounted for a record high 28.9% of the total last year, while those in the 15-64 age group made up 59.4%.

Multiple underlying factors are seen behind Japan's sluggish births. Late marriage and high education costs -- typical disincentives for starting a family in developed economies -- are among them.

Observers also point to gender inequality. Japan ranked 120th out of 156 countries in the World Economic Forum's Global Gender Gap Index ranking in 2021. Low male participation in childcare and housework -- among the lowest in advanced economies, according to a government white paper on the declining birthrate -- mean women face a heavy burden.

The total fertility rate, the average number of children women will bear in their lifetimes, stood at 1.36 in 2019 and has been hovering around 1.4 in recent years. But the falling number of women of childbearing age means total new births are dropping rapidly.

And the coronavirus pandemic appears to have accelerated the trend, with many couples delaying marriage and childbirth in light of restrictions on normal life and uncertainty about the future.

Against this backdrop, Japan's government is taking some action. This April, for example, a revised law took effect, making it easier for fathers to take paternity leave.

These demographic pressures are not confined to Japan. Many Asian economies face reduced birth rates as their populations gray. For example, fertility rates in South Korea, Hong Kong and Singapore -- 0.92, 1.05 and 1.14, respectively, in 2019 -- are even lower than Japan's, prompting policymakers to roll out countermeasures.

Tesla's Musk, who recently struck a $44 billion deal to buy Twitter, has frequently raised the population problem over the past few years. "Birth rate collapse is the biggest threat to human civilization," he said in another tweet last September.

As far as his business endeavors are concerned, Musk has shown a strategy of sniffing out a civilizational crisis and presenting solutions to the problem.

In preparation for aging and declining populations, Tesla is developing a humanoid robot called Optimus that can perform chores in place of humans. The electric vehicle maker is focusing on hiring talent in the field of artificial intelligence, aiming to complete a humanoid robot prototype in 2023.

Optimus would ultimately be "worth more than" Tesla's car business, Musk stressed during the company's quarterly earnings call last month.

https://asia.nikkei.com/Economy/Elon-Mu ... ation-bomb

The good news is Elon Musk is turning Twitter headquarters into a homeless shelter. The bad news is, it can only house 280 characters, or less.


イーロン・マスクのツイートは、少子化について日本で議論を巻き起こしている。 11年連続の減少
1
テスラのボスは、人口が昨年記録的な644,000人減少したことを示すデータに対応しています。これは11年連続の減少です。


イーロン・マスクは、少子化に対処しない限り、日本は「存在しなくなる」と警告し、より多くの移民を許可し、仕事と生活のバランスを改善することを求めています。

「明らかなことを述べるリスクを冒して、出生率が死亡率を超えるような変化がない限り、日本はやがて存在しなくなるでしょう。これは世界にとって大きな損失となるだろう」と、Twitterを440億ドル(360億ポンド)で購入する契約に最近合意したテスラの最高経営責任者は週末の投稿で述べた。

世界の人口減少について以前に懸念を表明したマスクは、日本の人口が昨年、11年連続で減少した記録的な644,000人減少したことを示す政府のデータに応えていました。


一部のソーシャルメディアユーザーは、長期的な人口減少を経験している先進国は日本だけではないと述べたが、他のユーザーはマスクのツイートを使用して、世界で3番目に大きな経済で出生率を上げるための歴代の政府の心のこもった試みを批判した。

日本の人口は2008年にピークに達し、昨年までに約1億2500万人に減少しましたが、経済成長への影響に関する政府の警告や、カップルに大家族を奨励するキャンペーンが時折ありました。

何人かの日本の専門家はマスクを彼のつぶやきに任せた。

「これをツイートする意味すら何ですか?」 Center forAmericanProgressのシニアフェローであるTobiasHarrisは書いています。 「日本の人口動態の将来を取り巻く不安は、「日本はやがて存在しなくなる」ということではなく、人口レベルの低下の結果として発生している深刻な社会的混乱です。」

深刻な労働力不足に対処するために2025年までに最大50万人のブルーカラー労働者を受け入れる計画はコロナウイルスのパンデミックによって挫折しているが、他の人々は日本政府に移民に関する国の厳格な規則をさらに緩和するよう求めた。

また、女性が出産後の職場復帰を容易にするなど、少子化への取り組みも呼びかけられました。
広告

「彼らは少子化を言い続けていますが、政府がそれに対処するための徹底的な措置を講じていないことを考えると、私たちは何を言うことができますか?」あるTwitterユーザーは言った。 「彼らが言うことやすることはすべて矛盾しています。

「この環境で、誰が「OK、子供をもうけよう」と言うのでしょうか。私は日本に絶望しています。」

専門家は、子育てにかかる高額な経済的費用、育児の提供の欠如、悪名高い長時間労働など、いくつかの要因で日本の少子化を非難しています。

政府のデータによると、この国の人口は世界で最も古い国の1つであり、65歳以上で約29%という過去最高を記録しています。



イーロン・マスクの厳しい日本のツイートが人口爆弾にスポットライトを当てる

イーロン・マスクは、日本が人口動態の問題のために「存在しなくなる」可能性があるとツイートすることで騒ぎを引き起こしました。 ©ロイター
岩本健太郎

東京-テスラのCEO兼ツイーターのイーロン・マスクは、出生率低下の脅威を長い間強調してきましたが、週末に日本を選び出し、いつか「存在しなくなる」可能性があると警告しました。

発言をするためのマスクの動機は不明なままです。しかし、彼の9000万人のフォロワーへのツイートは、日本のTwitteratiを揺るがし、国の経済見通しを圧迫する人口動態の問題に新たなスポットライトを当てました。

「出生率が死亡率を超えるような変化がない限り、明らかなことを述べるリスクがある」とムスク氏は、日本の人口減少に関するニュース記事を引用した別のツイートに応えて書いた。その記事は、昨年の記録的な最大の減少の後、国の最新の人口推計を報告しました。

「これは世界にとって大きな損失になるだろう」とマスクは付け加えた。

午後4時現在東京時間の月曜日に、マスクのツイートは約10万件のいいねを受け取りました。さらに、日本の報道機関は、世界で最も影響力のある起業家の1人からの厳しい警告について報告するために急いでいました。

問題の統計は、総務省によって4月に発表されました。彼らは、2021年10月現在の日本の総人口は約1億2550万人と推定され、前年比644,000、つまり0.5%減少したことを示しました。これは、政府が比較可能なデータを持っている最初の年である1950年以来の急激な減少です。

この減少は、COVID-19のパンデミックの中で外国人が減少したことも一因でしたが、自然人口の減少が主な原因でした。日本では、9月までの1年間で約144万人が死亡し、831,000人が出生しました。

また、65歳以上の居住者が昨年全体の28.9%と過去最高を占め、15〜64歳の居住者が59.4%を占めていることもデータからわかりました。

日本の出生の低迷の背後には、複数の根本的な要因が見られます。晩婚と高等教育費(先進国で家族を始めるための典型的な阻害要因)はその中にあります。

オブザーバーはまた、ジェンダーの不平等を指摘しています。日本は、2021年の世界経済フォーラムの世界男女格差指数ランキングで156か国中120位にランクされました。出生率の低下に関する政府のホワイトペーパーによると、男性の育児と家事への参加率は、先進国で最も低いものの1つです。重い負担に直面します。

合計特殊出生率、つまり女性が生涯で産む子供の平均数は、2019年には1.36であり、近年は1.4前後で推移しています。しかし、出産可能年齢の女性の数が減少しているということは、総出生数が急速に減少していることを意味します。

そして、コロナウイルスのパンデミックはこの傾向を加速させたようであり、多くのカップルが通常の生活の制限と将来の不確実性に照らして結婚と出産を遅らせています。

このような状況を背景に、日本政府は何らかの措置を講じています。たとえば、今年4月に改正法が施行され、父親が育児休業を取得しやすくなりました。

これらの人口動態の圧力は日本に限定されていません。多くのアジア経済は、人口が灰色になるにつれて少子化に直面しています。たとえば、韓国、香港、シンガポールの出生率(2019年はそれぞれ0.92、1.05、1.14)は日本よりもさらに低く、政策立案者は対策を展開する必要があります。

最近Twitterを購入するために440億ドルの契約を結んだテスラのマスクは、過去数年にわたって人口問題を頻繁に提起してきました。 「出生率の崩壊は人類の文明にとって最大の脅威です」と彼は昨年9月の別のツイートで述べた。

彼のビジネスの努力に関する限り、マスクは文明の危機を嗅ぎ分け、問題の解決策を提示する戦略を示しました。

テスラは、人口の高齢化と減少に備えて、人間の代わりに家事を行うことができるOptimusと呼ばれるヒューマノイドロボットを開発しています。電気自動車メーカーは、2023年にヒューマノイドロボットのプロトタイプを完成させることを目指して、人工知能の分野で人材を採用することに注力しています。

Optimusは、最終的にはTeslaの自動車事業よりも「価値がある」と、Muskは先月の同社の四半期決算発表で強調した。
Суй вдумчиво (c) ВОВ Всеукраїнське об’єднання “Свобода”. Олег Тягнибок.